叩き、叩き台

今日の競馬専門用語の紹介は・・・

叩き

です。

いろいろな意味がある叩きですが・・

まずはレース中に騎手が馬をムチで叩くという叩く。これも叩くですがこれはみなさんわかると思います。

ややこしい叩きが休み明けにレースを使うときに使うがあります。

例えば、あの馬、今回のレース叩きですね。

これは本当意味わからないですよね。

要は休養明けなどで本気ではなくざっくりいうとリハビリの気持ちでレースに出馬してるという意味になります。メイチとは正反対の言葉になります。

長い休養明けだとレースの感覚がいまいちはっきりしない馬が多いようです。

なので1度叩き台としてレースに出馬して感覚を取り戻すことが多いようです。

予想する際に叩き台として出馬してる馬を勝ってしまうと予想外に全然走らないことがあるかもしれません。休養明けの馬には注意して過去の休養明けのレースの結果などをチェックしたほうがいいでしょう。

休養明けの馬が全て叩き台として出馬するわけではありませんので競馬は難しいです。

というわけで叩きについてでした。叩きとして出馬してる馬は避けたほうが無難でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です